債権管理に役立つ不動産登記簿謄本の使用方法

会社が融資を受ける際には、不動産(会社所有か役員所有)を

担保に抵当権設定している場合が

多い事から、不動産登記簿謄本は取引先の信用調査を行う上で

有効な資料とされています。


【表題部の見方】

場所が特定できますので、その場所の公示価格や実勢価格を

おさえれば、担保価値の目安となります。

また建物はどういう構造かが、わかります。

さらに現場へ足を運べば、周囲の状況等もわかります。



【甲区の見方】 (所有権関係・権利関係)

その不動産の入手方法がわかります。
(相続・競売・売買etc)


[注]所有権移転の中に、得体のしれない第三者が

   入っている場合には、注意が必要です。


【乙区】 (義務関係) ←ここがポイントです! 


抵当権・地上権・賃借権などが記載されます。

乙区を見る事で、会社の資金調達の状況がわかります。

  1. 抵当権であれば、抵当権設定額を見ます。

    根抵当権であれば、極度額を見ます。

    そして、その不動産の時価と比較してどの程度

    設定しているかを見ます。

    目安としては、目一杯設定している場合には

    資金繰りが苦しいと判断できます。

  2. 銀行以外から、担保設定が入っている場合には

    資金繰りが苦しいと判断できます。

  3. 一度に複数から担保設定が入っている場合には

    注意を要すると考えられます。


※登記簿謄本は、法務局で入手可能です。

 またインターネットでも閲覧が可能です。