帳簿書類の保存期間

税務で定められている、帳簿や書類の保存期間は、7年です。

 

帳簿は、総勘定元帳・仕訳日記帳・現金出納帳・売掛帳・買掛帳・固定資産台帳・などです。

書類は、棚卸表・注文書・請求書・領収証・契約書・などです。

 

7年間という期間は、税務上の定めです。

商法(会社法)の規定では、10年間とされています。