融資の際の重要財務指標 インタレスト・カバレッジ・レシオ(金融費用負担能力を見る)

インタレスト・カバレッジ・レシオとは、会社が支払うべき金利の

何倍の利益を獲得しているかを見るための指標です。


※融資の審査の際の格付け(スコアリング・定量要因)に

おいて、インタレスト・カバレッジ・レシオには、

概ね高い点数が配分される為、非常に重要な指標の一つです。


【算式】 インタレスト・カバレッジ・レシオ(倍)

       =  営業利益+受取利息・配当金 
             支払利息・割引料


上記算式で算定したインタレスト・カバレッジ・レシオが高いほど

会社は本業の利益(営業利益)で借入金の支払利息

(金融費用)を
負担する能力がある、と言う事になります。


逆に、比率が1に近づくほど、金利の負担が重い事を意味し

1を切っている場合には、本業の利益では、

借入金の支払利息を賄えない事を意味します。


〈インタレスト・カバレッジ・レシオが重要な指標である理由〉

既存の借入がある融資の審査の際に、その既存の借入金が過大

かどうかを、このインタレスト・カバレッジ・レシオで判断します。

上記の算式で算定したインタレスト・カバレッジ・レシオが

数倍以上あれば、本業の利益で既存の借入金の利息を

余裕を持って賄えている事になります。


逆にインタレスト・カバレッジ・レシオが1に近い場合には、

金利の負担が重い事を意味し、借入金が過大気味であると

判断されます。



従って、仮にインタレスト・カバレッジ・レシオが1に近い場合に

融資を申し込むようなケースでは、

現状の決算書の数字では、借入金が過大であると

判断される可能性が高い為、

借入金償還の財源である将来の経常利益確保の

計画を充分に検討してから申し込むのも

良好な方法の一つと考えられます。



なお、営業利益・支払利息・経常利益等の損益計算書の指標

については
損益計算書のやさしい見かたに解説がありますので

そちらをご覧下さい。