贈与税の基礎控除額(どの位で贈与税がかかるか?)

贈与税は、生きている個人から財産をもらった個人に対して、課せられる税金です。

贈与税には、1年間で110万円の基礎控除額があります。

 例えば、1人の人が、 同じ年に、父から50万円 母から40万円 友人から30万円の贈与を受けた場合は、合計120万円となり、110万を引いた10万円に対して贈与税がかかります。

 なお、贈与は、「契約」によって成立するものです。

 契約を結ぶことが不可能な、幼いお子様などへ財産を渡した場合は、その贈与はなかったものとなり、最終的に相続財産などに組み込まれることになります。