相続税の基礎控除額(どの位財産を持ってると相続税がかかる?)

 相続税は、亡くなった人が持っていた財産を、もらった人に対して課せられる税金です。

 
 相続税には基礎控除額があり、すべての人が相続税の対象になるわけではありません。

 

 相続税の基礎控除額 ⇒ 
  5000万円 + (1000万円 × 法定相続人の数 )です。

 

 夫婦と子供2人の家族で、夫が死亡した場合の基礎控除額は、

 5000万円 +1000万円×3人 =8000万円 となります。


 財産が8000万円以下であれば、相続税はかかりません。