会社の健康診断 固定長期適合率(資金調達の妥当性をみる)

固定長期適合率
設備や投資資産は、それらの額に見合う資金を回収するまで、かなりの
時間を要します。これらのための資金は、長期借入または、自己資本の
範囲で調達しなければなりません。無理な資金調達で、過大な設備投資を
していないかどうかが判定できる指標です。

算式
 
  固定長期適合率=固定資産 ÷(固定負債+純資産)

社長exclamation
1御社の貸借対照表の左側の下の方、固定資産の合計額を確認してください。

2次に貸借対照表の右側の固定負債と純資産(自己資本)の合計額を
出してください。

3 1の固定資産の合計額を2で出だした金額で
割ってください。

4 計算の結果は1未満でしたかexclamation&question
1未満であれば、御社の設備投資に対する資金調達の方法は、健全です晴れ

1以上であれば、無理な資金調達で設備投資をしていて、資金繰りが苦しく
 重い金利負担がのしかかってる可能性が高いですどんっ(衝撃)